商品政策

1.私たち生協が大切にしてきたもの

「協同」と「連帯」の力で、より豊かなくらしづくりに貢献することです。

2.生協の商品事業がめざすもの

(1)「ふだんのくらしにもっとも役立つ」ことを重視します。
ふだんのくらしに直結する安全性、品質の確かさ、価絡の安心、適正な表示、情報の提供、健康や環境への配慮、食糧問題、食育などを「食の安心」の基本とし、「食品の安全」「よりよい商品をより安く」を提供することで、より豊かなくらしづくりに貢献します。
(2)「生協らしさ」を大切にします。
組合員が商品事業に参加できる場を広め、社会的主張のある商品を大切に積極的に広めていくことを大切にします。
(3)「公正」で「正直」な商品提供、商品作りをめざします。
関係法令・社会的良識を遵守し公正な取引を進めます。客観性の維持と科学的裏付けに努力し、正確な情報提供を行います。社会的責任、他人への配慮を大切に、持続的に「食品の安全・食の安心」という価値を提供します。問題が発生した場合は正直に公開します。
(4)総合的な社会システムづくりをめざします。
生産から消費・廃棄の全過程で、科学的評価で管理する社会的システムづくりを「協同・連帯」の力ですすめ、安全性と正確な情報を確保します。
(5)地域への視点を大切にします。
「顔の見える」関係づくりから更に、地域の産業や食文化に目を向け「地域づくり」、「地産地消」を重視した取り組みを進めます。

3.商品供給の考え方

(1)取扱商品の考え方
より安全より安心を基本に、健康・鮮度・おいしさ・便利さなど、くらしのニーズに対応しながら、価格競争力と品揃えの両面から商品開発と商品調達をすすめます。
(2)品揃えの考え方
コープ商品と産直商品を柱に、ふだんのくらしに必要な商品を品揃えし、くらしや季節・利用実績・市場動向の変化に応じて見直します。
(3)価格の考え方
「より良いものをより安く」。商品が持つ価値に見合った値頃をおさえ、市場価格と比較しても納得できる適正価格で提供します。九州・全国と連帯した共同開発商品は「変わらぬ安さ」を原則にします。価格設定は、店舗・宅配事業それぞれの業態特性に応じます。
(4)商品表示の考え方
法令遵守を前提に、客観性と科学的裏付けで優良誤認を招かない表示に努め、組合員が商品を知り、選択に役立つ表示を「わかりやすく」「誤解を与えず」「商品の内容や特性を伝える」視点で行います。
優良誤認とは、実際のものよりも著しく優良であると示すこと。
(5)商品情報の考え方
商品の持つ価値(おいしさ、品質、使い勝手、便利さ等)の情報提供のほか、メニュー提案・生活提案などの情報発信を行います。「組合員の声」は商品の改善や企画などに結びつけ「くらしの情報」として発信します。

4.食品の安全性・食の安心の考え方

  • (1)リスク分析(リスクアナリシス)の考え方に基づいて、食品の安全性・食の安心の向上に取り組みます。
  • (2)農場から食卓まで( フードチェーン)の各段階において、食品の安全性を確保していきます。
  • (3)「フードセーフティ」「フードセキュリティ」「フードディフェンス」「コンプライアンス」の4つの視点で食の安全確保に努めます。
    • フードセーフティ
      食品安全。食中毒の防止など、従来の衛生を中心とした管理。
    • フードセキュリティ
      食品安全保障。食糧の量的確保のことで、これが困難になると、黒豚を使っていたが価格高騰で他の肉を混入する、といった原料偽装の要因となる。
    • フードディフェンス
      食品防御。食品に対する意図的な危険異物の混入を防ぐための措置。
    • コンプライアンス
      法令遵守。期限表示の改ざんや誤表示といったものは、遵法意識の欠如や関係法令に対する知識不足といったものが要因となっている。
  • (4)品質安全保証システムを構築し、組合員と共に安全・安心の継続的な向上に努めます。
  • (5)消費者段階の品質保証システム(適正消費者規範)の構築に取り組みます。
  • (6)会員生協や日本生協連、取引先や行政などと連携して取り組みます。
    • 科学的な根拠に基づいた基準や管理マニュアルの共通化
    • 工場点検調査票の共通化による工場点検の共同化や商品検査の共同化
    • 日本生協連お問合せ管理システム「クイックプロ」の導入による情報の共有化や公開
    • 人命に関わるような食品事故の早期発見と対応マニュアルの整備
    • パブリックコメントなど行政への意見や情報の発信
    • 社会的な仕組みづくりへの参画
  • (7)不使用添加物はCO・OP商品に意図的には使用しない食品添加物で、以下の条件のいずれかに当てはまるものを言います。
    • 遺伝毒性発がん物質と考えられる品目
    • 指定添加物は、1日摂取許容量等が設定されておらず、かつ、日本生協連として十分な科学的データが入手できなかった品目
    • 既存添加物、ヒトの食経験に関する情報等も含め、安全性に関する判断のための科学的データが入手できず、かつ、成分規格等について懸念される情報が生存した品目
    • <日本生活協同組合連合会「食品添加物基準」2013年4月1日>

    • 【不使用添加物】(2013年4月1日現在) 不使用添加物は以下の通りです。
    • 1.臭素酸カリウム
    • 2.食用赤色104号
    • 3.食用赤色105号
    • 4.デヒドロ酢酸ナトリウム
    • 5.パラオキシ安息香酸イソブチル
    • 6.パラオキシ安息香酸イソプロピル
    • 7.パラオキシ安息香酸ブチル
    • 8.パラオキシ安息香酸イソピル
    • 9.グレープフルーツ種子抽出物
    • 10.骨炭色素
    • 11.単糖・アミノ酸複合物
    • 12.ヘゴ・イチョウ抽出物
    • ※加工助剤としても意図的に使用しない。
                               

以上(1)~(5)についての詳細は、下記にお問い合わせ下さい。● 商品ホットライン 0120-860-502( 月~金10:00~15:00)

5.コープ商品

  • (1)コープ商品とは、高い価値(品質・価格)または優れた特徴を持つ商品としてくらしに役立つよう、組合員によって作り育てられてきた「組合員の商品」です。
  • (2)基本的価値と付加価値を積極的に追求することで、世の中一般の商品のあり方にも影響を与えていくことを目指します。
    • 基本的価値:全てのコープ商品に実現されていなければならない価値
      1)安全性の確保 2)品質の確かさ 3)低価格の実現
    • 付加価値:商品の特性を考えながら、出来る限り追求する価値
      1)美味しさ 2)健康サポート 3)楽しさ・便利さ
      4)環境への配慮 5)食と食料を見据える視点
  • (3)商品選択で知っておきたいマーク
    商品選択で知っておきたいマーク

6.産直商品

  • (1)産直三原則に基づき、生産者と消費者の共同の取り組みで安心な農畜産物をともにつくり育ててきました。
    • 生産地と生産者が明確であること
    • 栽培・肥育・肥培方法(農薬・肥料・飼料)が明確であること。
    • 組合員と生産者が交流できること。
  • (2)新たなレベルの要請に応えるため、次の要件を追求します。
    • 多面的な組合員参加を推進します。
    • 生産地、生産者、生産・流通方法を明確にします。
    • 記録・点検・検査による検証システムを確立します。
    • 自立・対等を基礎とした生産者とのパートナーシップを築きます。
    • 持続可能な生産と環境に配慮した事業を推進します。
  • (3)農産物品質保証システム
    組合員に信頼される産直事業を確立するために、品質を保証する管理システムを推進します。

7.カタログや商品に表示されているマークにご注目!

★カタログの一番上の欄には、読んでためになるコープの豆知識やマークの説明、お知らせなどが掲載されています。商品についてわからないことがあればカタログの一番上の欄をご覧になるか、商品ホットラインへご相談ください。
●商品ホットライン フリーダイヤル0120-860-502(月~金 10:00~15:00)
●日本生協連のホームページでは、COOP商品(食品)の主な原材料の産地・アレルギー情報等がご覧になれます。 http://mdinfo.jccu.coop
コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。