品質管理の窓

豚肉や豚の内臓(レバーなど)による食中毒
2016/01/02

豚肉(内臓、レバーなど)、ジビエ(シカ肉、イノシシ肉など)には、細菌(サルモネラ属菌、カンピロバクター・ジェ
ジュニ/コリなど)やウィルス(E型肝炎ウィルス)、寄生虫(トキソプラズマ、条虫など)が付着している可能性が
あります。
このため、豚肉や豚の内臓などの生食(レバ刺しなど)は新鮮なものでもリスクは変わらず、食中毒などを
起こす危険性
があります。
中心部まで十分に加熱して食べましょう。
                

 ---食肉などの喫食による食中毒の発生を予防するためのポイント---

1 豚肉は、細菌が増殖しないよう低温保存(10℃以下)に努める。
2 豚肉や豚レバーなどの内臓を生のまま、もしくは加熱不十分な状態で食べない。
3 細菌・ウィルス・寄生虫は加熱により死滅します。豚肉や内臓などは中心部まで十分に加熱する。
4 抵抗力の弱い、乳幼児や妊婦、お年寄りなどは特に注意する。
5 豚の生肉に触ったら手をよく洗う。
6 豚の生肉を扱ったトングや箸、まな板や包丁は焼きあがった肉やサラダなどを食べたり、調理したり
  するときには使わない。
                       (参考:食品安全委員会)
コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。