品質管理の窓

衣類の取り扱い表示
2017/01/11

  衣類の取扱い表示

 

近年、衣類などの生産や流通は海外との取引が一般的になり、洗濯機やクリーニング技術も進歩しています。これらの変化に対応するため、衣類など繊維製品の「取扱い表示」が、平成28年12月から国際規格に統一されることになりました。

今回は見慣れた表示が大きく変更されます。

大事な衣類を台無しにしたりしないよう、この機会にぜひ勉強してみませんか?

 

洗濯記号の種類が22種類から41種類に増えました。 

    

 

今までの表示との変更点、大きくは次の3点です

 

記号が変わります。

 5つの基本記号に、「付加記号」や「数字」を組み合わせて表現されます。

 

       

 

②参考情報が簡単な用語で付加されます。

 世界共通の記号のため、記号自体に日本語は入りませんが、その近くに簡単な用語で表示するよう

 になります

 

      

 

③指示表示から上限表示に変わります。

新しい表示記号では「その記号の条件か、それよりも弱い条件で洗う」という考え方に変わりました。

大切な衣類を守るためにも、必ず表示と同じか、よりゆるやかな選択条件で洗いましょう。

                                                          (参考CHROMATO Vol.61


 

コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。