品質管理の窓

食品のカビ
2017/05/12

「低糖、減塩商品はお早めに!」


開封したばかりで、冷蔵庫で保存していたのにいつの間にか「カビ」が生えていた
ということありませんか?

それは、商品の糖分や塩分が関係しています。


食品に含まれる砂糖や塩の量が多いほど、カビの微生物は繁殖しにくくなります。
このため昔から砂糖漬けや塩漬けにして食品を長持ちさせる工夫をしてきました。
甘さ控えめのジャムは砂糖の使用量が少ないので、開封後は砂糖の多いジャムよ
りカビが繁殖しやすくなります。


POINT  カビをはえにくくさせるには・・・?              

ジャムをパンに塗る時は清潔なスプーンで取り出し蓋は開けたら、すぐにしめましょう。
また、使い終わったらできるだけ早く、冷蔵庫にしまいましょう。


ジャム以外にも注意!
水で薄めなくてもそのまま使える便利なストレートタイプのめんつゆは、塩分が少ないため、微生物や
カビが繁殖しやすく、開封した後に冷蔵庫で保存しても2日後にはカビが発生した事例もあります。
開封したらなるべく1回で使い切ってください。


甘さ控えめ、塩分控えめの食品は、早めに使い切るのが大事です。
                                                           (参考:コープ九州事業連合 食品のQ&A)
 

コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。