品質管理の窓

暮らしの安心の為に
2014/04/01

コープの品質保証システム

毎日の食卓が安心であること!
誰もが安心して食品を口に出来ること!
コープおきなわ及び、コープ九州とその関連事業連合は、より安全で安心な商品を利用したいという組合員共通の思いに応えるために、生産者や製造メーカー、取引先の皆様とも協力して商品の品質管理を進めており、「品質保証システム」の構築に取り組んでいます。
 
 

☆「品質保証システム」とは・・・
商品の味や形が均質といったこれまでの品質だけではなく、カタログや、食品包材で「〇〇使用」と表示していること等を含めて、「品質=組合員さんとの約束事」として捉えます。そして、その品質を保証できるように産地から加工、製造、流通、食卓に至るまで、適切に管理し、検証し、改善を繰り返して、安全・安心のレベルを高めて行こうとするものです。

☆「品質保証システム」は4つの視点で構築しています。
・フードセーフティ ⇒食品安全 :食中毒の防止など、従来の衛生を中心とした管理
・フードディフェンス⇒食品防御 :食品に対する意図的な危険異物の混入を防ぐ為の措置
・フードセキュリティ⇒食品安全保障 :食料の量的確保
・コンプライアンス ⇒法令遵守 :法律や規則などのごく基本的なルールを守り、社会からの要請に応えること

◎「品質保証システム」 の流れ(例)
開発 ・ 企画 法令や生協独自の基準と合致しているか
 
原料 ・ 産地 飼育や栽培記録などの点検
 
原料加工工場 仕様書に基づいた原料が使用されているか
 
商品の製造工場 仕様書に基づいた原料の使用と配合・加工が行われているか
 
卸    元 適切な梱包や管理が行われているか
 
物流センター 適切な入出庫管理が出来ているか
 
店     舗 適切な温度管理が行われているか
 
消 費 者 家庭での食品衛生管理に役立つ情報の提供が出来ているか
これらの確認によって、約束した品質が本当に確保されているのかを検査結果等で確認し、 不十分な点や、改善が必要な点についてはその都度見直しを行います。
 
                                                    

生協が取り組んでいる「品質保証システム」は、システムを構築させればそれで終わりというものではありません。  工場点検や商品検査、組合員さんから寄せられた声、法令の改正などを元に継続的にシステムの改善を行い、安全 ・ 安心のレベルアップを図っていきます。 



品質管理室ではコープおきなわで扱うオリジナル食品の微生物検査や工場点検等を行っています。これらの情報や品質管理に関する取り組みを、こちらからご覧になれます。
コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。