品質管理の窓

感染症の予防
2018/09/25

感染症の予防は日常生活から!

私たちの身の周りには、目に見えないウイルスや細菌がたくさん存在しています。くしゃみや咳とともに排出された病原菌が鼻や口から感染する「飛沫感染」や、汚染されたものを触って感染する「接触感染」などの様々な感染経路がありますが、基本的には手洗いでかなりの感染が防げると言われています。

         

「衛生的手洗い」

洗って、拭いて、殺菌・消毒まで行うことを「衛生手洗い」と言います。感染予防や食中毒予防のため主に食品を扱う現場で必要とされています。石鹸液だけの日常的な手洗いでは落とし切れずに残ったウイルスや細菌を除去するのにアルコール消毒は有効です。

こんな時は、2度洗い!
・トイレの後
・おう吐物、排便物などの処理後
・食品を取り扱う直前
2度洗いをすることで、ウイルスの除去効果が高まるというデータもあります、特に冬場の流行時は、2度洗いの実施をお勧めします。
                                                            (参考:SARAYA)

コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。