品質管理の窓

ノロウイルス 手洗い
2016/01/02

 トイレの後に手を洗わない・・・・・15% (消費者庁)
               

ノロウイルスによる食中毒が増える冬を前に、消費者庁が初めて行った手洗いについてのアンケート
(16~65歳2000人の回答)によると、15.4%の人がトイレの後に手を洗わないことがあると答えたといいます。
さらに、大便をした後に手を洗わないとする人が8.1%でした。

毎年1万人以上がノロウイルスによる食中毒になっているが、感染した人の便には1グラム当たり、数億個
のウイルスが含まれているといいます。

ノロウイルスは10~100個の微量の摂取で感染します。

消費者庁は、食事の前やトイレの後は、見た目で汚れていなくても石鹸をつけて指先や手の甲、爪の間、
指の付け根、手首までよく洗うよう呼びかけています。

      「手洗いは家庭でできる有効な感染予防策。正しく洗うことが重要です」
コープおきなわ

生活協同組合コープおきなわ
Copyright (c) CO-OP OKINAWA All Rights Reserved.
当HPはリンクフリーではありません。リンクをご希望の方はお問い合わせください。